蟻を出し入れする穴

ただのオタクがゲームやイベントの感想を書き殴るだけ

下書きに保存したまま上げ忘れてたわ

2018年2月3日、凄まじい種類のイベントが被りオタクの動向を悩ませた日に、スマホゲーム「Tokyo 7th Sisters」から生まれたユニット "4U" の単独ライブ "4U 1st Live!!!「The Pres“id”ent 4U」in Tokyo" に行ってきました。遅ればせながら、今回はその感想をたらたら書いていきたいと思います。

ライブ開始前、KARAKURIの二人による開演前の挨拶、注意事項の説明があったんですが、秋奈さんの声ってすごいんですよね。なんかこう、違和感なく耳に入ってくるというか、頭の中に直接響くような、中毒性の高い感じがして無限に聞いていられるような挨拶でした。あとライブのタイトルを〜 in Tokyo7thと言ったのもエモいポイントでしたね、大阪公演ではOsaka3rdと言われたのか気になるところでした。

開演の挨拶が終わるといよいよライブスタート、チューニング音から一気にアップテンポなイントロに入る「メロディーフラッグ」によって、オールスタンディングの会場は一気に圧縮されました。思ったより隙間が多く。2曲目の「TREAT OR TREAT」で会場全体が跳ね回っている頃には最前にいました。人生初最前です。

今回のライブで特に"凄いな"と感じたのが吉岡茉祐さんのパフォーマンスでした。彼女が演じる「鰐淵エモコ」というキャラクターは、ポーカーフェイスで毒舌の超クールキャラなんですが、本人は笑顔とユーモアの溢れるMCをしていました。ただ、曲が始まると本当に"キャラクターが乗り移った"と思わせるように顔を引き締め、一心不乱にベースを演じるんです。特に「ワタシ・愛・4U」の二番Bメロの "love for you…" というフレーズでステージ前のカメラに、口角をほんの少し釣り上げ人差し指で投げキッスをするところは一瞬で引き込まれるような魅力があり、終演後しばらく「吉岡茉祐さんすごく良かったな…」としか言えないくらい魅了されました。いま写真集を買おうか迷っています。

また、4Uがナナシスの別グループの楽曲をカバーするパートでは、大阪公演に引き続き、自分がナナシス楽曲で最も気に入っている「SAKURA」がカバーされました。落ち着いたイントロからRockバージョンにアレンジされた4UのSAKURAは会場全体が聴き入っていました。

4Uを担当している声優3人は、普段からの仲の良さがにじみ出るようなMCとパフォーマンスで、伸び伸びとライブを「作っている」という雰囲気が出ていました。未だナナシスのメモリアルライブの日程は公開されていませんが、早く4U以外のグループのパフォーマンスも見てみたいものです。

 

ライブの感想は以上になります。余談ですがHearthStoneでプリーストのランク累計勝利数が500に到達しました。直後にハイランダーデッキにナーフが入ったのでギリギリ駆け抜けられてよかったです。次はレジェンド目指して頑張りたいと思います。