蟻を出し入れする穴

ただのオタクがゲームやイベントの感想を書き殴るだけ

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」アニメ化おめでとうございます

すっかり在宅オタクとなってしまい更新することが無かった当ブログですが、3月10日に開催された「電撃25周年記念 ゲームの電撃 感謝祭2018」にて"青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない"というライトノベルのアニメ化が発表されたということで、久々に更新することにしました。

最後の2〜3行だけ読んでもらえれば十分です。

 

"青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)"(以下青ブタ)は、「さくら荘のペットな彼女」を作り出した鴨志田一先生と溝口ケージ先生のタッグによって制作されたライトノベルです。この作品、江ノ島周辺が舞台になっていて、藤沢駅なども出てくるので地元のオタクにはかなりオススメです。

自分は、鴨志田一先生の作品は「Kaguya―月のウサギの銀の箱舟 (電撃文庫)」と「さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫)」と今作の3つを読んでいるのですが、これらを読んで感じた特徴はヒロインのクセが強いというところです。

アニメ化もされているさくら荘は知っている方も多いと思いますが、ヒロインは高校生のくせに自分一人では着替えもできない天才美少女だったり、超能力モノであるKaguyaのヒロインは重力を操作できる超能力を持つ代わりに視力を失った少女という、長所と短所をハッキリさせたヒロインがメインに出てくることが多いです。特に、ヒロインの短所が「主人公が助けないと日常生活がが困難になる」レベルのモノが多いので、そこがストライクゾーンな自分にとってはたまらない作品となっています。

さて、肝心の青ブタはというと、メインヒロインは"日本で知らない人はいない元人気女優"という長所を持っていますが、それが原因でとある病気を発症し、主人公に助けられるというストーリーになっています。ネタバレを極力抑えるためにいろいろぼかしましたが、病気は「現実世界に存在しない架空のモノ」なので、欝展開などに怯える必要はないと思います。たぶん。

 

ちなみに、現在キャストが発表されているのは、主人公:梓川咲太役の石川界人さん、先ほど説明したヒロイン:桜島麻衣役の瀬戸麻沙美さん、主人公の妹:梓川かえで役の久保ユリカさんの3名です。以前ニコ生の企画で作られたボイスドラマと同じキャストなそうです。(ボイスドラマ聴いてナシ)

主人公は結構典型的な"やれやれ系"主人公で、結構なペシミストと言うか、ひねくれ者です。俺ガイルの八幡とかが近い雰囲気なんじゃないでしょうか。俺ガイル見てませんが。石川界人さんといえば、"ハイキュー!!"の影山飛雄のような低音ボイスのクールキャラから"僕らのヒーローアカデミア"の飯田天哉のような真面目な優等生キャラ、特に最近では"アイドルマスター SideM"のプロデューサーといった中性的な声まで出せる実力派声優なので、めちゃくちゃ期待しています。

ヒロイン役の瀬戸麻沙美さんは…wikiで出演作を見たところ実際に聴いたことあるのは"あの花" の 幼少期ゆきあつ のみなので正直よくわからないとしか言えませんね…。ヒロインは表と裏を使い分ける演技派女優なので、結構難しい役だとは思いますが頑張ってほしいです。

妹役の久保ユリカさんは、どこかで名前聞いたことあるなーと思って調べてみたら、"ラブライブ!"の小泉花陽役の方だったんですね。最近だと"りゅうおうのおしごと!"の水越澪役をやっているそうです。まぁ妹がメインで出てくるのは2期とかだと思うので今回はあまり気にしてないです。

 

とまぁ、ここまで長々と書いてきましたが、実を言うと個人的には今回のアニメ化は期待より不安の方が大きいです。というのも、前作のさくら荘がアニメ化した際に炎上騒動が発生したことや、昨年放送された鴨志田一先生脚本のアニメ"Just Because"でも監督が不穏なツイートをするなど、何かと問題が発生しがちなところがあるからです。

ただ、原作を読んでいる自分としては今作はダリフラにも負けない、2018年の覇権を取れるアニメだと思っているので、みなさんも是非見てください。

 

アニメ公式サイトはこちら

http://ao-buta.com