蟻を出し入れする穴

ただのオタクがゲームやイベントの感想を書き殴るだけ

雲一つねぇ天!

2018年4月27日発売の美少女ゲーム「9-nine- そらいろそらうたそらのおと」を完走したので感想を書いていきたいと思います。

ネタバレばっかなのでやってない人は読まないでください。

ぱれっと発「9 -nine-」シリーズ二作目となる今作。前作は「プレイヤーに対しての世界観の説明」がシナリオの大半を占めていましたが、今作ではシナリオが一気に進んでビビりました。

いやぁ、最近やってるエロゲ、全部小鳥居夕花さん出てくるんですが、ほんと演技力凄まじいですねあの人。ゴーストみたいな悪役をやっているイメージがなかなかないので、改めて声優さんの演技力の幅広さに驚かされました。あとメインキャラの新海天役沢澤砂羽さんは、なんというか、異質の演技力でしたね。句読点を気にしないセリフの言い方が印象的なので、機会があれば9-nine-以外の出演作も見てみたいと思います。

 

さて、ここから作品の内容についてです。

シナリオの肝となった"アーティファクトの過剰使用に対するペナルティ"は、前作であまり触れられていなかったのですっかり失念していましたが、今作で大分描写されたので、考察とかもだいぶ進むんじゃないでしょうか。

前作の「放火学生」や今作の「ゴースト」「新海天」が受けたペナルティは「使用した能力が暴走し自身に飛んでくる」という感じでしたが、九条都の「盗む」アーティファクトが暴走したらどうなるのか、とか、おそらく作中で最もアーティファクトを使用しているであろう香坂先輩はなぜペナルティが発生してないのか、など気になるところはまだまだありますね。

「メインヒロインの存在感が希薄になり、友人や肉親の記憶からすら消えてしまい、最後は主人公すら忘れてしまう…」という話は、以前ブログで紹介した作品と全く同じ流れなので、既視感が強くシナリオに没入しづらかったのが心残りでした。今年の秋からアニメやるらしいんで見てください。

 

前作では"1周目は確定Bad End、2周目から選択肢分岐アリ"だったので、今作もそうだと思っていたら1周目から分岐アリでちょっと驚きました。「まぁ1周目でBad回収しとくか~」と思って選んだ選択肢がまさかのTrue End側でさらに驚きました。でもこのゲーム、Bad Endでゲームオーバーになったあとに分岐地点まで自動で戻ってくれるのでめちゃくちゃ優しいです。

今作のラスト、石化事件の犯人と思わしき「ゴースト」「司令官」を無力化して一件落着…と思いきやED後に次回作に話を繋げるためのどんでん返し。ソフィは今作で信用の塊になったと思ったので裏切られて悲しかったですね、青い髪の友人キャラ(名前覚えてナシ)が黒幕なのは少し以外でした。あと、前作では敵ポジだった香坂先輩が味方ポジになっていたのも面白いと思います。主人公の選択によって枝分かれするように、次回作では希亜とかが敵ポジになってたりするんでしょうか、次回作も楽しみです。

 

とまぁプレイした感想はこんなところでしょうか。結局未だに完走していない運命線上のφも早く終わらせたいと思います。それではまた