蟻を出し入れする穴

ただのオタクがゲームやイベントの感想を書き殴るだけ

SS3Aの雑感

4ヶ月近く更新してなくてワロタ。

という訳で久々に駄文垂れ流したいと思います。

 

“奇跡の大行進”、その幕切れから早1年。国内では久々となったシンデレラのライブ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪」についての感想記事になります。

 9月3日にデレステがめでたく3周年を迎え、それを記念して行われた今回のライブは、群馬という中々行く機会の無い場所で行われたこともあって個人的にはとても思い出深いライブとなりました。それではセットリストで印象に残った所を振り返っていきたいと思います。

 

・とどけ!アイドル(両日)

デレステ初期テーマソング。ライブでの披露は4th神戸公演以来でしょうか。デレステでもあまりプレイせず日常生活でも聴くことは少なかったので久々に聴くと身に沁みました。765やミリオンとは違うまさに「シンデレラガールズっぽい」曲だと思います。

 

Twin☆くるっ★テール(両日)

2日目立見席で横のオタクと振り付けに合わせてクソデカハートマークを作ったのが楽しかったです。今世紀一番気持ち悪い笑顔が出たと思います。

 

・Lunatic Show -For SS3A Rearrange MIX-(両日)

いやー荒れましたね。個人的にはRemixバージョンも大体刺さったのでめちゃくちゃ楽しかったんですが、まぁアイドルの持ち曲が魔改造されてキレるオリメン担当Pの気持ちはわからなくもないです。Lunatic ShowのRemixはサビ入りが原曲とだいぶ違くて歌う側は結構難しかったんじゃないでしょうか。Remixを手掛けた音楽スタッフの方も前向きな意見を呟いていたので、今後のライブでも聴く機会があったらいいなと思います。

 

・クレイジークレイジー(両日)

イノタク曲。「99 night」を彷彿とさせる幻想的なメロディーは高まりつつも心穏やかになる不思議な曲で、レイジーレイジーの二人が持つ独特な雰囲気にあっていると思います。二番間奏での照明を用いた演出に度肝を抜かれた方も多いんじゃないでしょうか。

一ノ瀬志希役の藍原ことみさんは地声が低いので落ち着いた曲やカッコイイ系の曲もどんどん歌ってほしいものです。

 

・メッセージ -Future PicoPico MIX-(初日)

To D@NCE To収録曲の中で一番好きなRemixです。メッセージは原曲もバチクソ強いんですがRemixバージョンになると曲のノリノリ感が増して非常に高まりやすい楽曲になるのが良い所ですね。

 

・Nocturne -For SS3A Rearrange MIX-(両日)

バチバチな強曲をしっとりめの清聴曲にアレンジされていたので、演者の歌唱力が問われる一曲だったと思います。鈴木みのりさんの歌唱力は前々から聴いていたのですが、実際に生で聴くとビビり散らかしますね。というかこのSS3Aが初ステージの人はみんなパフォーマンスエグかったと思います。シンデレラガールズの未来は明るいよ!

 

・Twilight Sky -For Rika Rearrange MIX-(初日)

いやーお前ホントそれだよ。天才かよ。

や、トワスカが聞きてぇって話は以前書いたデレ台湾の記事を見てもらえればわかると思うんですけど、莉嘉バージョンに関しては余談がありましてね。

5thツアーSSA公演で、DJぴにゃのメドレーパートの際にCPカバーがいくつか披露されてるんですよ。そん時はまだトワスカ現地未回収で、「もしかしたら李衣菜より先に莉嘉バージョンのトワスカを回収してしまうかもしれない…」という不安のような何かを感じていたんです。実際は李衣菜バージョンのましゅまろ☆キッスだったんで良かったんですけど。やっぱり最初はオリジナル聴きたいじゃないですか、それで台湾行って無事生トワスカ回収できて満足してた所にこのセトリですよ。

莉嘉バージョンはトワスカ原曲の良さを残しつつ、”莉嘉らしい”明るくポップな雰囲気にアレンジされていて、もうホントCPカバーシリーズの中で一番好きなアレンジなんですよね。今回のライブでは「もしかしたら回収できるかもしれないけど多分やらない」と思ってた曲だったのでイントロ聴こえた瞬間クッソデケェ声が出ました。しかも去年のSSAと違ってフルバージョンなんですよ、トワスカと言えばやっぱりギター間奏→ラスサビのエモさじゃないですか、それを莉嘉バージョンでもキチンと披露してくれたのがとにかく嬉しかったです。

台湾で長年の目標だった生トワスカを回収して、前橋で莉嘉トワスカも回収できたことは僥倖の一言に尽きます。本当にありがとうございました。

 

・S(mile)ING! -For Rin Rearrang MIX-(2日目)

CPカバーで二番目に好きなアレンジ。イントロでブチ上がった後に曲名が表示されて他のオタクから歓声が上がると「えぇ〜お前らイントロでわかんないの?」というしょっぱいマウントが取れて悦に浸れるので好きです。

 

・BEYOND THE STARLIGHT(初日)

ガールズインザフロンティアのクソコールとは和解しましたがコレのBメロクソコールとは一生和解できそうにないです。

 

・イリュージョニスタ!(2日目)

この曲を1日しかやらなかったのはかなり攻めたセットリストだと思います。やっぱアイマスライブは両日参加しないとダメですね。鷺沢文香さんライブに来てください。

 

・Flip Flop -For SS3A Rearrange MIX-(両日)

今回新しく製作されたRemixの中では一番気に入った曲です。Nocturneと同じように原曲のテンポを落としてしっとりとさせるアレンジだったんですが、ここではFlip Flopのノリノリ感を残しつつクールに纏められていて、落ち着きつつも心揺さぶられるサウンドになっていたと思います。あと田辺留依さんと小市真琴さんのパフォーマンスがキレキレだった。2番のAメロは原曲以上にキツイ変調が合ったんですがしっかりと歌い切っていて天晴れでした。

 

・輝く世界の魔法 -Magical Step Forward MIX-(初日)

・ゴキゲンParty Night -DANCE!!!!!!!!!!!!!!! REMIX-(2日目)

この2曲もSS3A用にRemixされてると思うんですが、Remixの名前がついてるって事は今後音源化される予定があるって事なんでしょうか?バチバチに強かったので楽しみですね。

 

・Last Kiss(両日)

今回披露された新ソロ曲3つの中で一番ぶっ刺さりました。”楽園”、”おんなの道は星の道”も良かったんですけどこの曲は今回のライブのコンセプトに合っていてとても聴きやすかったです。全体的にアンニュイな雰囲気を醸し出し、音に合わせてバックスクリーンに水紋の様な幾何学模様が広がっていく映像は観る人を惹きつける演出だったと思います。

原田彩楓さんのMCで天然っぽさが出ていたのもとても面白かったですね。ちなみにアントPのLast Kissは幼稚園まで遡ります。

 

・Love∞Destiny -Jealous prisoner Remix-(両日)

ダンサーのパフォーマンスのみとなったこの楽曲。初日にラブデスだと分かった時は「これ歌うんか!?」と驚きましたがさすがに歌いませんでした。Remixバージョンは歌うのが非常に難しいと思うので披露するならこの形しかないと感じました。シンデレラはHotel Moonsideのイントロなど「ダンサーにスポットを当てる」時間を作るところがすごく好きです。今後もこういった曲でダンサーがモリモリイキリ散らかす演出が観たいです。

 

・∀NSWER(両日)

待っていましたindivisualsが揃った∀NSWER。個人的に歌唱力がシンデレラ最強ユニットだと思っています。この曲が初披露された宮城公演には思う所があったため、ようやくオリジナルメンバーで聴くことできてとても嬉しいです。朝井彩加さんのMCもエモくてindivisualsが大好きになりました。

 

・美に入り彩を穿つ(両日)

今回のライブの目玉と言っても過言では無いと思います。ラブデス→∀NSWERでボルテージが最高潮に達したタイミングでこの曲はあまりにもお膳立てが完璧でした。初日と2日目で歌い分けを変えていたらしく(某智絵里Pが気がついた)力の入り方が一際強かったと感じました。ラスサビの盛り上がりはシンデレラトップクラスだと思うので何度でも聴きたいですね。

 

・Trust me(2日目)

今回ゲスト枠として参加が発表されていた新規ボイス組による新曲。正直開演前の注意事項の説明程度だと思ってたので初日後半一曲目で出てきた時はビビり散らかしましたね。そして2日目では枠をずらして美彩の後ろに新曲を持ってきて歌わせるという攻めっぷり。またこの曲は第7回総選挙の曲なのですが、Absolute NIneを超えるカッコよさを持っていて、ラブデスからのセトリの流れに合っていたため、初めて聴くにも関わらず高まってしまいました。

総選挙曲ということで、今後ライブでも全体曲として多くのアイドルが歌う事になると思いますが、ラップパートをどう分けるか等沢山の見所がある一曲だと思います。

 

・ガールズインフロンティア(両日)

デレステ発表段階で荒れた一曲。楽曲自体は非常に強いんですがデレステの演出でオタクがサビに大声を被せるとかいう意味わからんコールが入ってました。個人的にアレはコールというよりただの歓声だと思ってるんですがシンデレラのPさんは曲に合う合わない関係なしにブチ込んでいてビックリしました。あの惨状でどの口が「家虎は曲の雰囲気を壊すから止めろ」とか言ってるんでしょうか。

という風に初日はイラっと来ていたんですが、2日目の開場前にオタクと実際に試して見たところ、サビ前にイェッタイガーを入れてから息継ぎせずにサビ入りで「どわあああぁぁぁぁぁ!」と声を出すとメチャクチャ楽しい事が判明。やっぱりコールは否定する前に一度試してみないとダメですね。

このクソコールが広まったら家虎を嫌うアイマスPの自浄作用によって「どわあああぁぁぁぁぁ!」ごと家虎が消えていくのか寛容になってクソコールが丸々残るのか非常に気になるので是非デレ6thでもやってもらいたいと思います。

 

 

印象に残ったセットリストは以上になります。全体的な所感としてはRemixによって雰囲気の変わった曲やロックテイストの新曲がライブ全体の空気を作った「クール」なライブになっていたと思います。特にTrust meやガールズ・イン・ザ・フロンティアは今後沢山のアイドルが歌うと思うとデレ6thもとても楽しみになってきます。また新規ボイス勢のパフォーマンスもとても良くて、ベテラン組がいなくても完成度の高いライブが期待できると思いました。

個人的にもトワスカ莉嘉バージョンを回収できて非常に満足の行くライブでした、デレ6thも期待値がモリモリ上がっているので誰か西武ドーム拾ってください。

 

今回の更新は以上です。10月から始まるアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」もよろしくお願いします。